膝の痛みについて

膝の痛みというのは若いころは感じにくいですが、40代くらいから気になる人が増えてきます。これは筋肉・骨格も含めて、人間の身体は老化によって弱ってくるためです。

若いころは身体が元気なので異常は発生しにくいですが、年齢を重ねるとさまざまな悩みが生じてきます。これは決してめずらしい問題ではなく、加齢に伴う当たり前の症状と言えるでしょう。

膝の痛みの原因

膝の痛みの原因には変形性膝関節症があり、膝軟骨がすり減ることが大きく関係しています。軟骨はクッションとしての役割を持っているのですが、加齢に伴って減少していきます。すると骨と骨が直接接触するようになるので、痛みを感じてしまいます。

階段の上り下りなどのちょっとした動作のときに痛みを感じるのが特徴で、多くの人は年齢のせいだと諦めています。しかし同じ年齢でも痛みに悩んでいる人もいれば、まったく痛みが生じない人もいるのです。年齢のせいだけにしないことが、痛みを発生させないコツです。

外的刺激

膝の痛みの原因には外的刺激があり、怪我をして慢性的な痛みが発生するケースもあります。ハードな運動やスポーツをする人だと、痛みが慢性化しやすいので注意してください。関節や骨を酷使するほど痛みのリスクは高くなります。

人間の身体は年を重ねるほど無理ができない仕組みになっています。いつまでも若いころの感覚でいると、自分の身体を痛めることになります。

肥満

肥満も膝の痛みの原因になります。肥満を放置しておくと、体重が膝関節にかかるため膝に痛みを生じます。

膝の痛みでお悩みなら当院にお任せください。

膝の痛みでお悩みなら広島市にあるてあつい整体院にお任せください。

辛い痛みから解放されるために、細かく丁寧なカウンセリングをさせていただいております。また、当院では一人一人に合わせた“てあつい”施術を心がけております。
お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。心よりお待ちしております。

てあつい整体院 グループ院一覧