バネ指について

指の曲げ伸ばしをするときに『パチン』とか『ガクッ』ということがありませんか?

それはバネ指かもしれません。バネ指とは、指がばね仕掛けの様になることからそう呼ばれています。

バネ指の原因

曲げた指が戻らなくなるバネ指の原因は、主に2つあると考えられます。

指の使いすぎ

原因の一つは、指の使い過ぎです。仕事やスポーツなどで、日頃から指を使っているとバネ指になりやすいとされています。特に気をつけておきたいのはパソコンを使ったデスクワークをしている人で、毎日キーボードを使っていると指には大きな負担が蓄積し、バネ指になるケースが多くあります。

ゴルフや野球などの指を使うスポーツも同じように負担がかかりやすく、編み物や草刈りといった作業も指には負担がかかるので注意が必要です。

老化

指の使い過ぎの他に、バネ指の原因で多いのは老化です。そもそもバネ指は更年期の女性に多く、50代から60代の女性に多く見られる症状の一つです。

更年期の女性に多い原因として考えられるのは、屈筋腱と腱鞘の間のすべりが悪くなるからとされています。年齢を重ねて屈筋腱と腱鞘のすべりが悪くなると腱鞘炎を発症しやすく、それがバネ指の原因とされてきました。

ホルモンバランスの変化

他にも、バネ指はホルモンバランスの変化も原因とされており、注意しなければいけないのは更年期の女性だけではありません。若い妊娠出産期の女性もホルモンバランスが乱れやすく、症状が現れやすいといわれています。

出産後は育児で指にも負担がかかりやすくなるので、更年期の女性と同じく注意しなければいけません。原因にかかわらず症状が現れやすいのは親指と中指ですが、その他の指にも症状が現れやすくなります。

バネ指でお悩みなら当院にお任せください。

バネ指でお悩みなら広島市にある てあつい整体院にお任せください。
当院では、辛い痛みから解放されるために、細かく丁寧なカウンセリングをさせていただいております。お一人お一人に合わせた的確な施術治療を行っていきます。

お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

てあつい整体院 グループ院一覧