腱鞘炎について

腱鞘炎と聞くと、手首の痛みを思い浮かべる人が多いかもしれません。腱鞘炎の腱鞘とは、骨と筋肉をつなぐ腱を包んでいて、腱がスムーズに動くようにと、滑車のような役割を果たす組織のことを指します。

この腱鞘と呼ばれる部分が腱とこすれ合うことにより炎症が発生する病気をさしています。具体的な症状としては、指の付け根付近などに痛みを生じたり、場合によっては腫れを引き起こすこともあります。

腱鞘炎の原因

スマートフォンの長時間利用

腱鞘炎の症状がでる近年の原因の一つにスマートフォンを長時間利用することが挙げられます。スマートフォンを長時間操作することで指の使い過ぎとなり、このような症状を引き起こす人が増えてきています。

スマートフォンの利用による腱鞘炎が近年問題視されています。なぜスマートフォンを使うことで腱鞘炎になるのかというと、多くの場合片手の親指ばかりを使い操作をすることになるでしょう。SNSやゲームなどに夢中になり長時間続けてしまうことがあります。これにより親指が酷使されて腱鞘炎の原因につながります。

様々な原因

スマートフォンの使いすぎ以外の原因には、子供を頻繁に抱っこするなど、手首に負担がかかりやすい子育て中の人や、手首をつかうスポーツ、また音楽やパソコンなどのキーボード操作などにおいて指をよく使う職業にたずさわっている人も、なりやすいと言われています。

無理な姿勢で操作を続けることで手首を伸ばす筋肉に負担が掛かりひじに痛みが生じたり、手指がしびれたりすることもあります。

腱鞘炎でお悩みなら当院にお任せください。

腱鞘炎でお悩みなら広島市にある てあつい整体院にお任せください。
当院ではご来院頂く全てのお客様のお身体の悩みを綿密なカウンセリングを踏まえた
“てあつい”施術を心がけております。

痛みを我慢せずにお悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。
心よりお待ちしております。

てあつい整体院 グループ院一覧