テニス肘について

テニス肘は、上腕骨外側上顆炎とも言われます。その文字通り、上腕骨の外側上顆が炎症を起こし、痛みが生じます。テニス肘と呼ばれるのは、テニスをした際、ラケットでボールを受け止めた時の衝撃によって起こりやすいためです。さらに、その一因には加齢もあるため、特に中高年になってからテニスを始めると起こりやすいと言われています。

もちろん、テニスをしない人でも同様の負担を腕にかけているとテニス肘になります。近年ではスマホによるテニス肘が多いようですが、料理人や大工、運送業者など、腕に負担をかける職業全般でテニス肘になる可能性があります。

テニス肘の原因

テニス肘の根本的な原因は、手首や腕に負担をかけることで、それらを動かす筋肉が痛むことにあります。悪化すると痛みが慢性的なものとなるだけでなく、腕を動かすだけで痛むようになるため、生活や仕事に悪影響を及ぼします。

特に料理人や大工、運送業者など、腕を酷使する仕事に就いている場合は仕事が成り立たなくなる可能性もあります。

テニス肘でお悩みなら当院にお任せください。

テニス肘でお悩みなら広島市にある てあつい整体院にお任せください。
当院ではまず、しっかり丁寧にカウンセリングをしていきます。その後、お一人お一人に合わせた施術を行っていきます。痛みを我慢せずにまずは一度お気軽に当院にご相談ください。

痛みのない生活を共に目指しましょう。

てあつい整体院 グループ院一覧