変形性股関節症について

関節への負担が原因でおこる関節疾患のことを変形性関節症と呼んでいます。そしてこの変形性関節症が股関節に起こることを、変形性股関節症と呼びます。

変形性股関節症が進行して重度の状態に陥ると、関節が変形したり運動の際に痛みが生じる、可動域の制限などが発生します。

これにより立ち上がりや歩行の際に大きな影響が及ぶので、生活にも支障をきたすようになります。

変形性股関節症の原因

変形性股関節症の原因としては、大きく分けると二つに分類されます。まず一次性と呼ばれるものは、明らかな原因がなく関節が破壊されてくるものです。

これは関節の軟骨の細胞が老化により劣化し、しっかりと働かなくなったためだという考えがあります。欧米においては、変形性股関節症の原因の多くがこれに該当します。

そして二次性と呼ばれるものが、何らかの病気やけがが原因となって発生するものです。日本の場合には二次性が大半を占めていて、その約90パーセントが先天性股関節脱臼と臼蓋形成不全と呼ばれるものです。

変形性股関節症の特徴

特徴は圧倒的に女性に多くみられることですが、そのほかにも様々な病気により発症することが分かっています。

近年では高齢化が進んだこともあり、特に明らかな原因になる病気になったことはなかったとしても、年齢を経過するとともに股関節症を発症するケースが多く見られます。

変形性股関節症の治療方法

治療方法としては、体にメスを加えることのない保存的治療と手術療法の2種類があり、まずは保存治療から始めることになります。

日常生活の見直しや環境を整え、体重をコントロールしたり、杖の使用、痛み止めの服用などがあげられます。

変形性股関節症でお悩みなら当院にお任せください。

変形性股関節症でお悩みなら広島市にあるてあつい整体院にお任せください。辛い痛みから解放されるために、細かく丁寧なカウンセリングをさせていただいております。当院では“てあつい”施術を心がけております。

お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。心よりお待ちしております。

てあつい整体院 グループ院一覧