顔面神経麻痺について

顔面神経麻痺の症状と原因は、主に3つのケースに分かれます。まず、ウイルス性の原因によるものです。

ウイルスが顔面神経に感染すると、それが影響で気づかないうちに顔面が麻痺していきます。朝起きたら顔が動かなかったり、顔が曲がってしまったりします。

顔面神経麻痺の原因

ハント症候群などと呼ばれることもあり、一般的な顔面神経麻痺はこれが原因であることが多いです。また、ケガの後遺症や外科手術の影響で顔面神経麻痺が発症することもあります。

特に、顔面神経が通っている場所の手術やケガをしてしまった場合には、神経が損傷して顔の形を上手く維持することが難しくなります。そして、特殊な病気で発症するケースも存在します。

特徴的なポイント

特に深刻なのが血管の病気で、顔面神経にゆっくりと影響を与えることが特徴です。徐々に神経を動かすことができなくなってき、最終的に麻痺していきます。症状として特徴的なポイントも、共通して存在します。

まず、顔面が左右非対称になってしまうことです。片方だけを上手く動かすことができなくなることもありますので、片方だけ表情を作れなかったり口を閉じることが難しくなります。

顔面神経麻痺については当院にお任せ下さい!

瞼を動かすことが難しくなりますので、目が乾いたり涙の量が減ってしまうことも特徴です。治療については、ケガや外科治療による後遺症である場合には自然治癒が難しい現状です。

一方で、ウイルス性の症状についてはステロイド治療などによるウイルスの増殖を防ぐ治療を行えば、元の顔の状態に戻すことが可能です。

広島県広島市にある、てあつい整体院では、患者様お一人お一人に合った施術を行っております。 また、スタッフ一同あなたの症状が少しでも早く改善して頂けるように全力でサポート致します。

顔面神経麻痺でお困りの方は、まずは当院にお越しください!心よりお待ちしております。

てあつい整体院 グループ院一覧