ランナー膝(腸脛靭帯炎)について

ランナー膝とは正式には腸脛靭帯炎と言う怪我で、腸脛靱帯というのは坐骨・恥骨とともに
骨盤の主要な部分である寛骨を構成している腸骨から、脛の内側にある脛骨にかけて伸びている腱のことです。

陸上競技をしているアスリートが発症をすることで知られており、とくにランニングをすると激しい痛みを感じることからランナー膝と呼ばれています。

ランナー膝の症状と原因

その症状と原因は、走ると腸脛靱帯が通っている膝の外側に痛みが生じることが特徴的です。軽度であれば日常的に歩く動作くらいでは痛みを感じませんが、重度になると歩くのはもちろんのこと膝の曲げ伸ばしも苦痛になります。

なぜこのようなことになってしまうのかというと、原因は腸脛靱帯が大腿骨にある大腿骨外側上顆という出っ張りと擦れることで炎症が起きてしまうためです。練習で走りすぎたり、膝の柔軟性が失われているとランナー膝になりやすいことがわかっています。

ランナー膝でお悩みなら当院にお任せください

ランナー膝でお悩みなら てあつい整体院にお任せください。
当院では、治るまでのプロセスを、施術前のカウンセリングの際にご案内させていただき、患者様お一人お一人に合わせた的確な施術治療を行っていきます。
お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

てあつい整体院 グループ院一覧